2006/4/19 水曜日

日記をブログ形式にすることにいたしました。
もっともコメントもトラックバックもないので、実は今までと何も変わっていないという話もございますが。

それはさておき、新番組が始まりました。
気になる番組はいくつかあるのですが、とりあえず一番ショックだったことを。

それは「プリンセス・プリンセス」の第2話を見ていたときのこと。

このアニメ、男子校の生活にも潤いが欲しいという理由で見目麗しい男の子を選び女装をさせるという「姫」制度なるものが存在する学園を舞台とした、いわゆるBLな内容なのでございます。
第1話を見て、男子校出身のワタクシと致しましては、なんて下らないネタを思いつくのだろうアハハと見ていたのでございます。
ystやdideにも、BLは想像も付かないネタを繰り出してくるから時々面白い、などと話していたわけです。

ところがその第2話を見ていて、それまで封印されていたかのように眠っていた記憶が唐突に蘇ってきたのでございます。
あれ?
そういえばウチの学校、イベント事がある度に女装する奴がいなかったっけ。
そうそう、確かに女顔で、普通にしてればかなりイケメンじゃなかったっけ。
なんか頭もかなり良かったような。
それに、もちろん面白半分にしても、回りの連中もかなり喜んでいなかったっけ。
みんな脱げ脱げって言ってたよ?
ん?これってもしかして本質的には「姫」制度となんら変わりないのでは?

何故こんなにインパクトのあることをこうも綺麗サッパリ忘れていたのか疑問の残るところではございますが、どうやら「姫」制度というのはそれほど荒唐無稽なものでもないらしいという結論に至ったのでございます。

ワタクシのなかでこのアニメがファンタジーからリアルにシフトした瞬間、気力を失い視聴をやめてしまったのは仕方の無いことだったのでございます。

Filed under: アニメ 0:00:40

HTML convert time: 0.200 sec. Powered by WordPress ME